Love Refill

永遠に愛される女性になる、幸せな恋愛の掴み方

PR



Step1 反省と教訓

過去に別れ話がでたなら続けても、その先は長くないのが真実

更新日:

1度目の別れ話

本当に別れる事になる日まで、実は2度ほど別れ話があった。

彼もやっぱり無理だ。別れるなんてできないよ。

そう言ってくれるから、別れるなんて事は真剣に考えてなかった。

 

 

別れたほうがいいんじゃないかっていう理由は。

私の友達から結婚しないの?

そろそろ結婚する時期じゃないの?

そう言われて、彼はまだそんな気持ちになれないって言ってた。

あと5年は何か自分のやりたい事をやってみたいって。

5年も待ってたら、子供を産むのが大変になりそうで。

お互いに好きだけど、将来の考え方が違うから、別れるのもしかたないのかな・・・

そう思ったんだけど、付き合って5年もなると、彼の存在がなくなる事が無条件に怖くて。

彼もそう思ったみたいで、結局、ヨリを戻したんだけどね。

別れたのって1日だけだった。

彼は結婚には向いてなくて、あれこれやりたい事がある人だと思ってて。

それなら、もうずっと同棲のままでもいいかな。

彼と一緒にいれるなら、このままでいいかな。

それで、幸せだと思ってた。

結婚にこだわらなくても、いいよ。

そもそも、紙切れ1枚にこだわらなくていいじゃない!って。

そして留学先で2度目の別れ話

それから、しばらくして彼が留学したいと言い出した。

留学の目標や留学後にやりたい事を熱く語る彼をみて、応援しようと思った。

彼がどんなところで勉強するのか、彼の環境を見ておきたいと思ったから。

彼と一緒にアメリカにいって、3か月間暮らした。

 

今、思うと彼は別れ話もちゃんとストレートに言えなくて。

離れて暮らすことを選んだんだと思う。

応援するね!待ってるね!それが、とてもうざかったんだ。

そして、アメリカで2度目の別れ話がでた。

その時、彼が別れたほうがいいんじゃないかなって思うといって、理由を説明してた。

まだ、結婚が考えられない事。

色々、やりたい事がある。

ずっと今のままで構わないし、やりたいことは応援するからって話した。

はっきりと、これからずっと一緒にいたいと思えなくなった、と言えなかったんだよね。

私がすごく悲しむから。

嫌いになってわけじゃないけど、一緒に生きる対象じゃなくなってってこと。

元々、感が悪いほうではないのに、そんな彼の本心に気が付かなかった。

そのくらい、彼はやんわりと傷つけないように、なんとなく別れ話をしていたんだと思う。

そして、私も受け入れる気持ちがなかったから、自分のいいように解釈していたんだ。

 

留学に行く前の最初に軽い別れ話がでたとき。

もう、彼の気持ちは離れ始めてたんだ。

周りに結婚のことを尋ねられて、

まだ、結婚なんて考えられないって言った時点で、生涯を共にする女性にはなってなかったんだ。

もっと俺よりイイ男が沢山いるよって、さらっと彼がいったから。

あなたじゃなきゃ、ダメ!って言ったけど、それは他をあたってくださいって事だったんだよね。

 

そして、アメリカから先に帰国するとき。

不安で仕方なかった私は、彼の両親に紹介してほしいって頼んだ。

快く承諾してくれたけど、それは本心じゃなかったんだ。

紹介したら、なんていうかな~なんて想像を膨らませた話をしてくれたけど。

それは、私に対する優しさだったんだ。

不安をかかえたまま、帰国させないようにね。

とにかく無事に帰国してくれたら、徐々に終わりにしようって思ってたのかもしれない。

完全にお互いの気持ちがずれている。

というか、どうしてそんな事に気が付かなかったんだろうって自分に呆れる。

それくらい、彼は本心を出さずに優しくしてくれたし。

私も私で、完全にそれを信じてた。

そういう、感情ぬきに、出来事だけちゃんと深く見つめたら、彼の本心なんて見ぬけたはずなのに。

同棲して、一緒に過ごして、なんとなく別れ話がでて、彼が留学をきめて、アメリカに行って。

1行で彼の心は読めるのに。

状況や感情が本当のことを見えなくしてしまう。

 

彼から別れ話がでたら、ストレートには言ってこないときもある。

やっぱり好きだから、別れるなんて無理って彼も言ってたよ。

揺れ動いてたのかもしれないけど。

結局、少しでもそんな気持ちを持っていたら続かない。

あれこれ惑わされないで、事実を箇条書きにしてしっかり考えて。

 

大事なことだから、もう一度言うね。

別れ話がでたら、その程度がどうであれ、別れてあげる。

辛くて苦しい気持ちを抑えて。

そうね、そうしましょって。

どっちにしても、続かないんだから、これから一緒にいることは時間の無駄だよ。

本当に好きな女性には、いつも近くにいて欲しいもんだよ、男って。

PR



-Step1, 反省と教訓

Copyright© Love Refill , 2017 All Rights Reserved.