みんなの失恋体験を読んで立ち直る

失恋のショックから半年が過ぎ別れを受け入れるために実践したこと

投稿日:2017年10月23日 更新日:

元彼を忘れるために、私が実践したことを全部話すね

失恋のショックから半年が過ぎ別れを受け入れるために

 

別れを告げられた日。

そこからの2週間は地獄だった。

 

もう何も考えられないし涙しかでなかった。

それまで生きてきて、こんなに辛くて苦しいことはなかった。

無駄にテレビの音を大きくしていたり、電気を明々とつけてたり。

そうでもしないと、暗い闇に放り込まれそうだったし、暗くなると死んでしまいたい気持ちと戦ってた。

もし、今あなたが失恋したばかりなら、解決してくれるのは時間しかないから。

じっと時間が経つのを待つこと。

まずは2週間。

最初の2週間は本当に辛いから、ひとりにならないようにしてね。

泣いてもいい誰かと一緒にいること。

できれば、仲のいい女友達のうちに泊めてもらったりして、ひとりにならないように。

彼氏にフラれた。死にたい楽になりたい。号泣した悲しい失恋の体験

 

2週間から1か月を過ぎるまで

別離

2週間が過ぎるころ、現実に彼がいなくなったことが、なんとなく理解できた。

それでも、苦しさは変わらなかったけど。

昔の戻れないという、どうしようもない現実が辛くて苦しかった。

こんな目に遭わせた神様を恨んだりもした。

どうしてこんな辛い目に遭わせるの?

私が何をしたっていうの?

悲しくて苦しい2週間が過ぎると、腹を立てる余裕がでてきたのかもしれない。

人はこんなふうに凹んでいるときに、宗教に入ったりするのかもしれないね。

私は宗教には入らなかったけど、離婚でゴタゴタして入信した友達のことを思い出したよ。

1か月を過ぎる頃、テレビの会話が頭に入ってくるようになってきた。

テレビは異次元を眺めているようで、やっぱり誰かと話しているのが1番、安心できた。

元気はでないけれど、時間が過ぎてくれるから。

毎日毎日、ただ時間が過ぎてくれるのを待った。

そうすれば、現実が受け入れられるって聞いたから。

 

別れて2か月を過ぎる頃

苦しみ

なんにもできなくなっても、時間は過ぎていく。

ただただ苦しみに耐えて、長すぎる毎日が少しずつ少しずつ過ぎていった。

気持ちを前向きにしなきゃって思えるようになってきたのが2か月を過ぎた頃。

その頃は、文字が頭に入るようになってきてた。

前向きになれそうな自己啓発の本を読み漁って時間を過ごした。

美輪明宏さんの本も沢山読んだ。

小池龍之介さんの本も、とても良かった。

▼ 私からおすすめの本


別れてすぐは、文字も頭に入らなかったから本を読むことができなかったけど、この頃になると本を読んでやり過ごせた。

やっぱり、時間が薬なんだって感じたよ。

 

別れて3か月が過ぎる頃、ありがとうを集めようと思った

彼に飽きられない女

別れて3か月が過ぎる頃。

もう、誰も私のことなんて見向きもしてくれないんだと思っていたから。

誰も私を必要としてくれないんだと思っていたから。

こんな気持ちのままじゃダメだって必死で考えて。

誰かが私に感謝してくれれば、生きてる意味もあるんじゃないかって。

「ありがとう」を集めようと思ったの。

だって、ありがとうって言われるときって、何かをやってくれてありがとう。

何かを助けてくれてありがとう。

何かを考えてくれて、ありがとう。

その人の役にたった時に言われる言葉でしょう?

その言葉を集めようって思ったの。

そうすれば、きっと、自分に自信が取り戻せる、今の私にはそれしかないって思った。

 

ありがとうが集まる仕事って?

ありがとう

個人事業だから毎日、人と接することがなかった。

時々、クライアントさんと会うくらいだから、これじゃ悶々としてしまう。

今までお世話になったクライアントさんには、申し訳なく思ったけど、一度やめて外で働こうと思った。

それが、自分のためだって思ったよ。

 

人と接して、その人たちが私にありがとうを言ってくれる。

そんな仕事を考えたとき、介護職が浮かんだの。

介護の仕事なら、高齢者の方のお手伝いができるから、きっと「ありがとう」が集まるって思った。

それから、今は違う名前でいうらしいんだけど、当時は介護ヘルパーという資格があって、学校に通うことにした。

3か月通っているうちに、知り合いもできたし、毎日が忙しくなった。

元彼といた頃とは、もう毎日が違っていたから、環境を変えたから、少しは忘れることができてきた。

別れて半年後、私は介護の仕事についた。

慣れないことが多くて、習ったこととは違うことも多くて、穏やかな高齢者の方ばかりじゃなかったし。

ツライこともあったけど、もう私は元彼の知らない私になって、違う道を歩いている実感があった。

元彼のことを思い出しても、やっと泣かなくなった。

 

失恋の悲しみから解放されるには

環境

できるだけ早く、それまでと違う生活にすること。

違う場所で働き、違う場所で暮らし、違う場所で生きる。

今までの習慣を変えること。

元彼との思い出に染まった、今までを180度、変えてしまうこと。

私は最初、それさえ怖かった。

彼と一緒にいる自分が自分自身だと思っていたから、それを壊すことが怖かった。

そうすることが1番いいとわかっていても。

愛情が執着に変わってしまった私の末路は「死にたい」だった

3か月が過ぎる頃には、少しだけ動けるようになるから、それまでの我慢だからね。

結局ね、彼とは縁がなかったし、やっぱり神様は私に意地悪をしたんじゃないって。

全ては、私のためだったってね。

今ならそう思うよ。

だって、溺愛してくれる優しい彼に出会って、今は最高に幸せだから。

だから、あなたも大丈夫!

今は苦しい時期かもしれないけど、後でちゃんと良かったと思える。

そう思う日がくる、必ずね。

だから前を向いて、自分を磨いて笑顔で行こう。

輝く女の時間を無駄にしないで、理想の男性に会いにいこう!

1分1秒も無駄にしないでね。

あなたの小さな1歩を応援してるよ。

まずは行動があなたの習慣を変えるから。

無料でできる結婚チャンステストをやってみて!

未来のドアを開こう!

オーネット

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます


理想をイメージ
【理想の彼氏を見つける方法】シンプルで高確率!本気の女性必見

  • この記事を書いた人
ローラ

ローラ

失恋のショックで「失恋うつ」になった過去をもつ。100冊以上の恋愛本を読み漁り「正しい恋愛の方法」を習得!現在は溺愛され不安も不満もない幸せすぎる毎日。不安な恋愛に悩む女性に正しい恋愛方法を届けたい!

-みんなの失恋体験を読んで立ち直る

Copyright© Love Refill | 恋愛に媚びない、追わない、悔やまない , 2018 All Rights Reserved.