恋愛の技術

彼氏にぶりっ子不要!虜にする本当の甘え方を教えます

投稿日:2017年12月9日 更新日:

私はプライドが邪魔して甘え上手にはなれなかったの



彼氏を虜にする甘え方を教えるね。

過去の恋愛で私が失敗から学んだリアルな方法。

甘えることができなかった理由

ぶりっ子

正直な話、こんなふうに甘える女子のことを「ぶりっ子してアホみたい」そう思ってた。

わざとやってんのかどうか知らないけど、ボディタッチも多めだし。

あれ買って、これ欲しい。恥ずかしくないの?って、思ってた。

ほとんどの事は自分でできるし、その方が早いと思ってね。

それに何より、甘えることで相手に負担をかけてしまうんじゃないかって。

その時間が申し訳なく思ったり。

実際、甘えることに抵抗がある女性は8割近くいるんだって。

働く女性

バリバリ働いてると男性と戦うことだってあるし。

それを恋愛にも、持ち込んでたんだよね。

足元をみられるっていうか、プライドがあったっていうか。

甘えるなんて、恥ずかしいって気持ちもあって。

完璧主義なところがよくなかったよね。

私、なんでもできますからってオーラだしてた気がする。

甘え上手は恋愛の最強の武器

甘える

「甘える」のとは違うのよね。

「甘え上手」っていうのは、ちゃんと考えてやってるってこと。

感情にまかせて依存心だけで甘えてるのとは、わけが違う。

しっかり自立した女性が「甘え上手」という武器をもつと最強になるって話。

非の打ちどころがなさそうな女性ほど、効果がある。

彼氏だけに見せる弱み、男性はそう感じたとき、ぐっとくるんだよ。

強がってるけど、可愛いところがあるんだなってね。

そのギャップに、彼氏は虜になるんだから。

恥ずかしさを捨てて、甘え上手になってみよう。

甘え上手という技術

あまえ上手

私がこの技術を習得していたら、きっとあんな辛い別れはなかったんじゃないかって。

本気でそう思ってる。

どちらかというと、彼氏によくダメ出しをしてたから。

きっと自尊心を傷つけていたんだよね。

でも、女性ってお節介なところがあって、そうなりがちだと思うよ。

だから、あなたにもちゃんと知ってほしい。

甘え上手という技術を。

意識してやらなきゃ、何も考えないで付き合ってたら、終わっちゃうよ。

可愛らしくお礼を言う

可愛らしく、ここを意識してね。

自分を客観的にみると、気持ちわるっ!と思うかもしれないけど。

バリバリのキャリアウーマンが、ときどきみせるとドキッとするでしょ。

長く付き合ってると、挨拶みたいに「ありがとー」って言うだけで片付けてしまうから。

ちょっと一呼吸おいて、可愛くお礼を言ってみてね。

相談したり一緒に行ってもらったりする

自分でなんでも解決できる能力があるのは、わかってるけどね。

私、よくわからないから相談にのってくれる?って。

自分でできる事でも、あえて相談するの。

やっぱり、よく知ってるね。さすがだね。

そう言って、男を立てるんだよ。

自尊心を満たしてあげるの。

相談にのってくれた助かったわ、心強い!って褒めてね。

甘え上手を発揮する1番大切なシチュエーション

普段、非の打ち所がない女性がベッドでは、可愛い子猫になってしまう。

これって男性にはたまらないでしょ。

上目づかいに、朝まで一緒にいてくれる?なんて言われたら、イチコロ。

わざとらしいなんて、思わないで、これも技術だと割り切って。

彼氏が喜ぶ甘え方を技術として、しっかり覚えるの。

そんなの、ガラじゃないとか言ってたら私みたいに捨てられちゃうかもよ。

まとめ

キャリアウーマン

ついつい車の運転なんかにも口出ししてしまってて。

この方が早いでしょ!とかダメ出しもよくしてた。

甘えるなんて、考えたこともなかったしね。

元彼が私と別れて、次に付き合った女性は可愛げがありそうな女の子だったよ。

その時、わかったんだ。

結局、男性って頼られたいんだよね。

ずっと頼られっぱなしだと、それはそれで面倒なんだろうけど。

自立していて、時々みせる可愛げを演出することが大事だよ。

尖がってないで、恥ずかしがらないで、それができたら、もっと愛される。

今は、それを理解してるから。溺愛されてるよ。

あなたも素敵な恋愛をして愛されて輝いてほしいな。

▼ 次はこちらの記事をどうぞ!

▼ 入会して3か月以内にお見合いが成立しない場合は入会金を全額返金します!

-恋愛の技術

Copyright© Love Refill , 2018 All Rights Reserved.